病院の概要

~私たちは、患者さんを中心にチームとして医療を提供します~

当病院は、急性期の医学的管理を終えた回復期の脳卒中の患者さん等を対象とし、現在受診している医療機関等から、回復期のリハビリテーションを行うべき適切な時期に紹介を受け、専門的な訓練・治療を短期間に集中して行います。

●病院案内図

1F案内図
【リハビリテーション病院:1F】
2F案内図
【リハビリテーション病院:2F】

※病棟案内図は看護部のご紹介のページをご覧ください。

  1. 病床数   80床
  2. 入院期間  原則3ヶ月以内
  3. 外来開設科
     リハビリテーション科、小児科、整形外科、神経内科
    *その他、入院中の併発症(消化器内科、泌尿器科、精神科、歯科等)の診療も行います。
  4. 対象者
    外来
    ・ 回復期にあって、医療機関等から紹介のある方
    *小児の場合は発達の問題や対人関係の問題を持つお子さんなどの相談も対象とします。
    入院
    ・ 急性期を経過し、基礎疾患・合併症のコントロールができており、リハビリテーションによる改善(効果)が見込める方
    (脳血管疾患、脳・脊髄(中枢性)の疾患・外傷、脳性麻痺、四肢切断、大腿骨骨折手術後等)
    ・ 神経疾患の診断・リハビリテーションを含む治療を必要とする小児
    ・ 感染症等で短期間の入院を要する障害児、小児整形外科的疾患等
    *維持期、慢性期の患者さんは対象としませんが、小児の場合は個別に対応します。
    *平成14年9月から、回復期リハビリテーション病棟を40床開設しました。
  5. その他
     当病院は紹介・予約制です。当病院の利用に際しては、医療機関等からの紹介が必要です。紹介元において初診の日時を予約していただき、あらかじめ患者情報の送付をお願いしております。
      (申込先)初診予約担当(初診予約専用) 028-623-7254

    *詳細は「利用のご案内」をご覧ください。


(Q) 回復期とはどのような状態なのですか?
(A) 発症から一定の期間(概ね1~2ヶ月)を経過し、差し迫った生命の危機を脱し、集中的に多様なリハビリテーションを行うことにより、ADL(日常生活動作)とQOL(生活の質)の改善が期待できる状態です。
 リハビリテーション病院では、このような方を対象に入院リハビリテーションを行います。

*病棟の詳細は、「看護部のご紹介」の “回復期リハビリテーション病棟の特徴” をご覧ください。

ページのトップへ戻る