こども発達支援センターについて
(医療型児童発達支援センター・福祉型児童発達支援センター)


~お子さんとご家族の発達・自立への第一歩をサポートします。

保育 width=  こども発達支援センターは、児童福祉法に基づく医療型児童発達支援センターと福祉型児童発達支援センターからなる障害児通所支援施設です。
 こども発達支援センターでは、在宅の肢体不自由や知的障害のある就学前のお子さんを対象に、親子通園による総合的な療育・リハビリテーションを 行い、発達を支援しています。また、心身障害児の早期発見・早期療育システムの中核的機能を担い、検査、診断、助言、指導等を行っています。

  1. 対象児
    医療型児童発達支援センター・・・療育訓練効果が期待できる肢体不自由児

    福祉型児童発達支援センター・・・地域の療育機関などで対応が困難な知的障害児や自閉症児など

    訓練



  2. 定員
    医療型児童発達支援センター  30人

    福祉型児童発達支援センター   40人





  3. 期間
    医療型児童発達支援センター    原則1年以内

    福祉型児童発達支援センター     原則1年以内



(Q) こども療育センター又はこども発達支援センターに、入所又は通園したいのですが、どのような手続きが必要ですか?
(A) 事前にリハビリテーション病院で診察し、お子さんの状況や保護者の希望等を総合的に把握させていただきます。
 また、管轄の市町や児童相談所から「障害児施設受給者証」の交付を受けることが必要です。
ページのトップへ戻る