こども療育センターについて(医療型障害児入所施設)


室内風景   児童福祉法に基づく医療型障害児入所施設です。学齢児は併設の 「わかくさ特別支援学校」 に通学します。


うさきちゃん   こども療育センターでは、脳性麻痺などで手足や体幹に障害のあるお子さんを対象に、 それぞれお子さんにあった治療や指導を行い、自立した生活に必要な各種訓練・家族を含めた療育支援などを行います。

  1. 事業内容
    (1)入所事業
     脳性麻痺、二分脊椎等により手足又は体幹の機能に障害のある児童等に対し、障害の程度や能力・適性に応じた 保育・看護・機能訓練等を行い、自立した日常生活ができるよう入所して療育訓練を行います。
    (2)短期入所事業
     在宅の障害児を介護している保護者が、疾病その他の理由によって一時的に介護ができなくなった期間、当該障害 児の短期間保護を行います。
    (3)日中一時支援事業
     障害児の日中における活動の場を確保し、家族の就労支援及び障害児を日常的に介護している家族の一時的な休息の 確保を目的に障害児の短時間保護を行います。
    (ただし、当センターと本事業の実施を契約した市町に限ります。)


  2. 定員
    入所       30人
    短期入所     4人(うち2名人口呼吸器装着児等専用枠)
    日中一時支援事業 4人


  3. 期間
    入所     児童の状況による
    短期入所   1回連続して7日以内


  4. 年間行事予定はこちら(PDF)

  5. 日課表はこちら(PDF)

ページのトップへ戻る