言語聴覚療法科のご紹介


●言語聴覚療法(ST:Speech Therapy)とは?

 とちぎリハビリテーションセンター言語室では、ことばに遅れのあるお子さんや、 社会性・対人関係に問題のあるお子さんの言語・コミュニケーション指導をはじめ、 脳血管障害などの後遺症で言語・構音・音声・嚥下に障害をもつ方々の訓練を行っています。

 専門の言語聴覚士が、これらのコミュニケーション障害を的確に把握した上で、 各個人にあわせてプログラムを作成し、定期的に指導・訓練を行います。

訓練の風景 自習用パソコン

聴力検査の風景

聴力検査も行っています

 各種の機能訓練、心理面へのアプローチ、周囲の環境調整・指導等を行いながら、実用的なコミュニケーション能力の向上を目指します。また、音声によるコミュニケーションが困難な方には、代替的なコミュニケーション手段の検討も行います。





ページのトップへ戻る