理学療法科のご紹介


理学療法科 ●理学療法(PT:Physical Therapy
・ 理学療法では主に、身体に障害をもつ方々などに対し、座る、立つ、歩くなどの基本的な身体の能力の回復や向上、 または新たにそれらの能力を獲得するための訓練などをしています。そしてそれらの方々がより良い生活を送れるよう 援助させていただきます。
・ 具体的には機能回復訓練としての関節可動域訓練、筋力増強訓練などを実施している他、運動療法として起居動作訓練や 歩行訓練、応用動作訓練などを様々な機器を利用しつつ実施しています。 訓練室の風景 また物理療法として温熱や電気、超音波などといった様々な物理的な刺激を治療の中に利用しています。 お子さんたちの訓練においては積極的に遊びを取り入れ、運動発達だけでなく知的な発達も考慮しながら行っています。
・ 補装具や車椅子の作製を行い、より良い生活を営めるよう関わっています。 住宅改修に際しては必要に応じて実際にご自宅に伺い、改修のための助言を行っていきます。





●理学療法科詳細 理学療法室面積 運動療法室:443.73平方メートル
水治療室:44.80平方メートル訓練設備 温熱療法器具(ホットパック、超音波、極超短波、等)、低周波治療機、牽引装置、渦流浴槽、バイナリータンク、 トレッドミル、エルゴメーター、BIODEX 、Strength Ergo 、圧力分布計測装置、等 対象疾患 脳血管疾患、脳外傷、脳性麻痺、整形疾患、脊髄損傷、変性疾患、パーキンソン病、筋ジストロフィー、等 対象障害 片麻痺、対麻痺、四肢麻痺、両麻痺、歩行障害、失調、可動域制限、筋力低下、疼痛、廃用症候群、等


ページのトップへ戻る