臨床心理部門のご紹介

  臨床心理の部門では、発達検査、知能検査や記憶検査、あるいは性格検査などの心理学的な評価を行うとともに、 発達障害児とその家族への療育指導や心理指導、障害者へのカウンセリングや家族支援等を行います。

幼児の発達相談

幼児発達検査の風景  発達上の問題(言葉の遅れ、人との関係が育ちにくい、落ち着きがない等)の相談に対して、行動観察や発達検査を通して、 発達を評価し、療育を行います。
 必要に応じて、就学期の幼児を対象としたグループ指導等を行います。
 また、家族には心理教育を中心とした支援を行います。

小・中学生の発達相談

 落ち着きがない、友達とのトラブルが多い、登校を渋る、読み書きや算数の学習の遅れが目立つ等、学校生活の困難さの 相談に対して、知能検査等の心理検査や心理療法、面接相談を通して、本人と家族への支援を行います。

入院患者の心理相談

リハビリの風景  脳血管障害等により言葉や記憶の相談に対して、知能検査や記憶検査等を通して、認知機能を把握し、これからのリハビリ計画や生活面での工夫の支援を行います。

地域支援等

 子どもたちがスムーズに集団生活が送れるよう、保育園、幼稚園、学校等との話し合いを行い、連携に努めています。

ページのトップへ戻る